つづいていく未来をつくり、
亀岡の自然と共生する。

京都製錬所

循環型社会に貢献する、
鉛再生のパートナー。

自動車や病院などで使われていた使用済みバッテリーから鉛を取り出し、新しいバッテリーの原料に再生する。そんな鉛のリサイクル事業を行っています。バッテリーのリサイクル率は約80%。鉛は使い方ひとつで、めざすべき循環型社会にとても有効です。

KYOTO
SMELTER

鉛製錬とは?

さまざまな場所や用途の使用済みバッテリーを回収し、限りある資源の鉛を再生製錬。再生鉛を新たに納品することで、資源の循環に貢献しています。

  • 回収 イメージ

    バッテリーを処理したいお客様から回収してきた使用済みバッテリーを、当社の工場に運びます。

  • 回収 イメージ

    使用済みバッテリーを解体し、プラスチック・廃液・ケーブル・鉛極板など素材ごとに適性なリサイクルと処理を行います。

  • 回収 イメージ

    解体し、取り出した鉛極板・コークス・鉄を溶解炉に入れ、調合、鋳造などの工程を経て、鉛製品へ再生させます。

  • 回収 イメージ

    自動車・自家発電機・非常用電源など、バッテリーの原材料を再び産業へ。原材料供給元として、多くの製造メーカー様へ販売しています。

京都製錬所で
できること

鉛の有効活用と環境保護の両立をめざし、
使用済みバッテリーを買取・リサイクル・販売します。

買取 イメージ

買取

使えなくなったバッテリーを
適性価格で買い取ります。

使用済みバッテリー(鉛蓄電池)を
法律にもとづき許可を受けた収集運搬により、
適性価格で買い取ります。

リサイクル イメージ

リサイクル

人にも環境にもやさしい
鉛リサイクルに努めています。

100年以上の培ったノウハウと
最新のシステム・設備、徹底した安全と
品質管理による鉛リサイクルを行っています。

販売 イメージ

販売

厳しい品質要求を満たした製品だけが、
全国の製造メーカー様へ届きます。

自動車、自家発電機、非常電源などに。
お客様のご要望と品質要求をクリアした製品は、
全国のバッテリー製造メーカー様などに販売します。

環境への取組み

販売 イメージ

Q.リサイクルの過程で、
大気は汚染されないの?

A.製錬過程で発生する煤煙・ガスの排気時に、高性能の集塵装置と脱硫スクラバーを通すことで煤煙・ガスを清浄化。美しい空気を守るための、万全の対策を行っています。

販売 イメージ

Q.工場の周辺地域の、
環境汚染は大丈夫?

A.環境汚染を未然に防止するために、定期的に工場敷地まわりの側溝から水を採取し、原子吸光分析器で水質検査を行っています。

販売 イメージ

Q.バッテリーの廃液は
どうやって処理しているの?

A.工場敷地内発生の廃硫酸液・廃水(手洗い・雨水など)を専用タンクに保管し、専門業者に収集運搬・処理を委託しています。

お知らせ

現在お知らせはありません。

もっとみる

営業カレンダー

2022 5月

1
  • 休日
2
3
  • 休日
4
  • 休日
5
  • 休日
6
7
  • 休日
8
  • 休日
9
10
11
12
13
14
  • 休日
15
  • 休日
16
17
18
19
20
21
  • 休日
22
  • 休日
23
24
25
26
27
28
  • 休日
29
  • 休日
30
31